子供の頃の嫌な思い出は30歳になっても鮮明に覚えている!どうやら忘れることができないらしい

子供の頃は、嫌な思い出なんて大人になれば忘れるものだとずっと思っていた。

だが、現実は違う。

俺は20年以上も前のこと、小学生の頃の思い出を今でも覚えている。残念ながら、楽しかったことは忘れてしまうのに、嫌な思い出は簡単に忘れることができないらしい。

小学生5年生の時に泥棒扱いされた

小学5年生の冬休み。俺はお年玉を持って友達とデパートに買い物に出かけた。

特に欲しい物があった訳じゃないが、当時流行っていたドラゴンボールのグッズを見て回ったり、ゲームセンターで遊んだり、すがきやでラーメンを食べたのを覚えている。そして何事もなく夕方には友達と別れて帰宅した。ここまでは良かった。

問題はその日の夜に起こる。

家に一本の電話がかかってきた。相手は友達の母親だ。

最初は俺の母に用があるのかと思ったが、どうやら俺に話があると言う。「友達の財布から5,000円がなくなったので知らないか?」という内容だった。

俺は「知らない」と答えた。

すると、友達が電話に出てきて「買い物してる時にお年玉の5,000円を見せたのにどうしてお母さんに知らないって言ったの?」と聞いてきた。

ようやく俺は自分が疑われていることに気づいた。

頭の中は半分パニック状態だったが、それ以上に仲の良かった友達に疑われていることがショックだった。俺は本当に知らないし、盗っていない。とにかく「自分は盗っていない」「知らない」と言い続けたが、濡れ衣を晴らすことはできなかった。

恐らくどこかで落としたんだろうが、俺が盗っていないと証明することはできなかった。

その後は言うまでもない。

その子とは小中と同じ学校だったが、関係はギクシャクしたままだった。

今となっては確かめようもないが、その子は今でも俺が金を盗ったと思っているだろう。その子の中で俺はずっと泥棒のままだろう。もしかしたら、覚えてすらいないのかもしれないが。

ただ、俺はその子の名前も家も当時の顔も鮮明に覚えている。

中学生2年の時に嫌がらせをされた

自慢じゃないが、俺は小中と高校を中退するまでそこそこ勉強ができた。

特に熱心に勉強していた訳ではないが、授業を真面目に聞いているだけで偏差値は60以上あったし、高校は進学クラスの特待生で授業料を免除されていたぐらいだ。

また、運動神経もよくスポーツもできた。

中学の時は市大会で何度も優勝しているし、県大会では毎回ベスト4に入るぐらいだった。

そのせいか、当時は周りを見下していた。自分は優れていると勘違いしていた。

恐らくそれが不良の気に障ったんだろう・・・。

中学2年の時、とある不良から嫌がらせを受けるようになった。廊下ですれ違う際に肩をぶつけられる。授業中にわざと俺の前に座って黒板を見えない様にする。グループ分けがあれば俺を除け者にする。俺にだけプリントを回さない。俺だけ給食が配膳されていない。

いじめと呼ぶには、あまりにもちっぽけで陰湿なものだった。

もちろん俺は誰にも言わなかった。当時はいじめられることよりも、どんなにちっぽけだろうが、周りに自分がいじめられていることを自分の口から言うのが恥ずかしかったからだ。

そして、何よりそれを見て見ぬふりをしていたクラスの連中や教師に頼るのが嫌だった。

ちなみに、この嫌がらせは中学3年のクラス替えと同時に終わった。昨今のいじめに比べれば本当ちっぽけなものだ。ただ、俺はこの頃から人一倍疑り深い性格になった。

恐らく、あいつは俺のことなんて名前すら覚えていないと思う。ただ、俺は今でもそいつの名前も当時の顔も覚えている。忘れたくても忘れならない・・・。

幸せを感じることで嫌なことを忘れられる気がする

俺だって毎日こんなことを考えている訳じゃない。ただ、寝付けない夜にふと思い出す。嫌な思い出ばかりが鮮明に蘇る。そしてしばらく忘れられない。思い出したらきりがない。

そして、この嫌な思い出を忘れる方法を俺は知らない。

ただ、幸せを感じることで忘れられるのではないかと思っている。俺は引きこもりになって幸せを感じたことがほとんどないし、幸せになるための行動を何も起こさなかった。

だから過去ばかりを振り返る。それが原因なんだと思う・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする