30歳を過ぎてから時間が経つのが早い!気づけば35歳になっていた!

年齢とともに時間の流れが早く感じるというのは本当だ。

今まさに俺が体感している。

上手くは説明できないが、小学生の頃と比べると2倍3倍の速さで時間が流れている。正確には時間の流れを早く感じている訳ではない。気づけば時間が経っていると言った方が正しい。

現に今年も5月が終わろうとしているのに、俺の体感では2、3カ月で5カ月が過ぎた感じだ。

無駄な時間を過ごすと時間の流れが早く感じる

ちなみに、年齢とともに時間の流れが早く感じるのはジャネーの法則で解明されている。

簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。

また、人間は歳をとると共に、世の中を理解していく。見る物全てが新鮮で、好奇心に満ち溢れていた子供の頃とは違い、新しい発見や驚きも減る。

世の中に対して感動が薄れ、刺激が減っているのも大きな原因だ。

加えて、俺の様に学習意欲もない。ただ毎日をだらだらと過ごしてきたなら時間が経つのは早くて当たり前だ。時間が経つのが早い=無駄な時間を過ごしているのと同じなのだから。

恐らく、新鮮な毎日を送っている人達は、俺より1日を1年を長く感じているはずだ。

ただ、今更過去を振り返ったところで時間を取り戻すことはできない。

だから、今年は去年より少しでも長かったと感じられる様な1年にしたい。1年を振り返った時、今年は充実したいたと言える様に今日1日を過ごしたい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする