派遣や工場で働くのに志望動機なんてあるのだろうか?俺には何もない!

最初に言っておくが、俺は職歴なしの無職だ。そんな奴がこの記事を書いている。

ただ、こんな俺でも履歴書を書いたことはあるし、面接を受けたこともある。26歳の時に不動産関連の会社に採用されたこともある。結局その日に断ったが・・・。

もちろん後悔はしていない。

給料も安かったし、内容を見る限りブラック企業なのは間違いなさそうだったから。あそこで働いていたとしても、俺が幸せになれる気が全くしなかったから。

ただ、当時から気になっていたことがあるので、そのことについて書いておこうと思う。

派遣や工場で働く志望動機って何?

やりたいことがあって希望する会社の面接に行くなら分かる。

だが、派遣や工場で働くのに志望動機なんてあるのだろうか?

学歴もない。新卒でもない。手に職がある訳でもない。そんな人が仕方なく、生きるために働く場所が派遣や工場だと思っているのだが、何か間違っているのだろうか・・・。

当然、履歴書に書く志望動機なんて何もない。

あるとすれば、給料が高いとか、休みが多いとか、残業が少ないとか、福利厚生がしっかりしているとか、仕事の内容とは関係ないことだ。

また、そんな職場の面接で「あなたはライン作業が向いていると思いますか?」と聞かれた知り合いがいるのだが、俺にはなんて答えればいいのか分からない。

「口答えせず、ロボットの様にもくもくと作業できますか?」と言われている気がする。

恐らく、ここで口答えする様な奴はいらないって意味なのかもしれないが、俺には「向いています」なんて絶対に言えない。そんな足元を見られてまで働く気なんてない。

もちろん、こんなふざけたことが言えるのも住む家があるからなのは分かっている。

ただ、やりたくない、仕方なく受ける会社の面接で、皆はなんて答えているのだろう・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする