30歳職歴なし無職には2つの選択肢しか残されていない!

俺と同じような境遇の人間の選択肢について書いておこうと思う。

ちなみに、30歳職歴なし無職で生きていられるということは、恐らく親の世話になっているはずだ。俺の様に数年ひきこもっていた人もいると思う。

ただ、今はそんな過去のことを後悔しても意味がない。大事なのはこれからだ。もっとはっきり言ってしまえば、親が死んだ後に一人でも生きていける様になることだ。

就職するという選択肢

当然の選択肢とは言え、今までそれができなかったのだから、30歳無職にはハードルが高い。

俺が今まで就職しなかった、できなかった理由を考えれば分かる。

学歴もない。職歴もない。そのくせプライドは高い。

これでまともな企業に就職できる方がおかしい。

派遣は嫌だ。工場は嫌だ。ブラック企業は嫌だ。なんて言っていたら恐らく就職はできない。とりあえず、今の自分の社会的価値を客観的に判断しなければいけない。辛いのは分かるが、社会の底辺だということを自覚する必要がある。

そして、面接なんて落ちて当たり前。採用してもらえればラッキー。これぐらいの気持ちで臨むべきだ。そうでなければ、採用される前に心が折れる。

ちなみに、俺の数少ない知り合いの話によれば、「警備員、派遣、介護職なら採用される可能性は十分ある。だから就職したいなら諦めるな!」とのことだ。

今すぐ金が必要という状況なら、働く以外に選択肢はないだろう。

自分で稼ぐという選択肢

俺に働く理由があるとすれば、「収入を得る」以外には何もない。だから、収入さえ得ることができれば、俺は就職する必要性を感じない。金のためと割り切って就職するなら尚更だ。

だから、俺は自分で稼ぐという道を選んだ。

そして、今は便利な時代だ。

インターネットに接続されたパソコンが一台あれば、「アフィリエイト」「せどり」「ネットショップ」ができる。「クラウドワークス」という在宅の仕事まである。

就職しなくても金を稼ぐ方法なんていくらでもある。

中でも、アフィリエイトは資金0から始められる。だから俺はアフィリエイトを選んだ。

今はまだ生活できる程の成果は出せていないが、1年後に10万稼げるようになるのが目標だ。俺の様なクズでも稼ぐことができると証明したい。同じ様な境遇の人たちに希望を与えたい。

そう思っている。

ただ、自分で稼ぐという手段にも欠点はある。

即金性がない。成果が出るまでに時間がかかる。ある程度資金と時間に余裕がなければできない。また、いくら作業したところで、それに見合った成果が得られるとは限らない。自分で稼ぐというのは、リスクが付きまとうことも知っておく必要がある。

とは言え、就職できないのなら自分で稼ぐしかない。それ以外に選択肢はない。

どちらにせよやるしかない

当たり前だが、諦めるなんて選択肢はない。

就職するにしろ、自分で稼ぐにしろ、「やる」という選択肢しか残っていない。

後はいつ行動に移すかだけだ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. ポチ より:

    こんにちは
    自己紹介の所に、その後は就職活動・・・と書かれてましたが、
    ゆきなさんは、今まで面接はどのくらい受けられてきたんですか?

    • ゆきな より:

      僕は2社しか面接を受けたことがありません。

      応募したのは20社以上になりますが、書類選考で落とされたのがほとんどです。

      最初はパチスロ関係の仕事に就きたくて、サミー等のメーカーに企画書を書いて申し込んでいましたが、全て書類選考でアウトでした。面接に辿り付けた会社はありません。

      後から知ったのですが、大卒しか採用されないのだとか。

      その後は、メーカーを諦めてパチスロ攻略雑誌の編集に応募する様になり、パチンコウォーカーという雑誌で初めて面接してもらえることになりましたが、面接で言われたことがあまりにも僕のイメージとは異なり、面接中に躊躇しているのが態度に出ていたのだと思います。不採用でした。

      その後は、パチスロ関係の仕事を諦めてハローワークに登録しました。

      この時既に26歳になっていました。

      問題はここからですね。既にやりたいことを諦めて、職種も関係なく待遇の良い求人を探すようになったのですが、26歳職歴なしという時点で3社連続で面接すらしてもらえませんでした。正直ハローワークに行くのが恥ずかしくなり、嫌になったのを覚えています。

      もちろん、今ならこれが当たり前だと思って受け入れることができるのですが、当時はまだ貯金もありましたし、ひきこもっていた訳でもないですし、妙にプライドが高かったんです。

      その後は、宅建を活かせる不動産の店舗営業(会社名は伏せます)の面接を受けて採用してもえたのですが、最初はマンションの管理業務をやってほしいと言われ、仕事用の携帯を持つこと、休みでも住人から連絡があれば出向いてほしいこと、給料は総支給で10万前後だったこと、求人の内容とは大きく異なったので、その日に断りの電話を入れました。

      理由は上で書いたのと同じです。

      ここで緊張の糸が切れたのかもしれません。まともな会社は自分を雇ってくれないと諦める様になりました。自分の社会的地位が最底辺だということを自覚しました。その後は一切就職活動をしていません。パチスロで稼いだり、時々知り合いの仕事を手伝ってお金をもらったりしていました。そしてだんだん引きこもる様になっていきました。

      ちなみに、今は就職する気はありませんが、気持ちは前向きです。