このままアフィリエイトを続けても大丈夫なのだろうか?危機感が増すほど記事が書けなくなる

このままアフィリエイトを続けても大丈夫なのだろうか?危機感が増すほど記事が書けない

2019年3月12日にGoogleのコアアップデートがあったらしい。

具体的な内容は知らないが、検索順位に大幅な変動があったみたいだ。

と言っても俺はSEOの専門家ではないし、詳しくもない。だから、どのジャンルに、どれぐらい影響があったのかは知らない。ただ、俺の運営するサイトも一部影響を受けた。

ASPメインで稼いでいたサイトのアクセスが先月比で-22.6%まで落ちた。

メインのキーワードが1ページ目から2ページ目に落とされたのが原因だ。

特に競争率の激しいジャンルではない。むしろ競合がほとんどいないジャンルだ。自分で言うのもなんだが、俺のサイトが一番詳しく、分かりやすく書いている自信はある。

だから特に対策するつもりはない。

ただ、このままサイトが戻らなければ、アフィリエイトを続ける自信がない。今のやり方を全否定されているのと同じだから。かと言ってアフィリエイト以外にできることもない。そんな解決することのない悩みを毎日考えながら、2月のやる気のなさを3月も引きずっている。

そして今月書いた記事は未だ1記事。自分に「毎日何やってんの?」とツッコミたくなる。

もちろん、この記事の様な駄文ならいくらでも書ける。

でも、稼ぎたいサイトでこんな記事を書いても稼げるようにはならない。興味のある読者が一度読んで終わり。一時的な記事でしかない。検索エンジンにもまともに表示されない。むしろドメイン評価はマイナスだろう。だからこんな記事は投稿できない。

そんなプレッシャーからか、質の高い記事(そもそも質の高い記事の定義が良く分からんが)を書こうとすればする程記事が書けなくなる。ゴミ記事を入れてドメインの評価が下がるのが怖いからだ。ドメインの評価が下がれば恐らく全体的に順位が落ちる。そうなったらそう簡単には戻ってこれない。あくまで俺の体験談だが、あながち間違ってはいないと思う。

ドメインは資産と同じだから大事にしなければいけない。

ちなみに、アフィリエイトを始めて100記事を目標にしている方をよく見かけるが、駄文を100記事書いても絶対稼げるようにはならない。全力で書いた100記事で初めて勝負になる程度だと思った方がいい。アフィリエイトのハードルはそれぐらい上がっている。

決して他人事ではない。俺もこのまま今の報酬を維持する自信がない。その時どうすればいいのかも分からない。対策もない。そして危機感だけが増して更に記事が書けなくなる。

完全に負のループ。最近は不安ばかりで前に進めない。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 見習い より:

    アルゴ変動で界隈は大変ですね。私もアフィリエイターのブログは結構読んできましたけど、ゆきなさんはきっと大丈夫です。そんな匂いがします。ご健闘を祈ります。

    • ゆきな より:

      メインサイトに影響がなかったことだけが救いです。

      アフィリエイト以外の収入も考えてはいるのですが、ネットが絡めば結局Googleと付き合うことになります。YouTube等も同じです。Googleの裁量一つで収入が0になってしまうことも想定して活動しなければいけないのだと思います。

      本当はこんなことでくすぶっていてはいけないのも分かっています。稼げるときに稼いでおかないと。貯えさえあれば、新しいことだってできますし、ダメになった時に考える時間もありますからね。

      後は「やるかやらないか」それだけだと思っています。

  2. 犬猫 より:

    最近アフィリで月250万円稼ぐという女性ユーチューバーが人気です。参考にしてみてはどうでしょうか。
    https://www.youtube.com/watch?v=BYOa1CLnwKc

    • ゆきな より:

      いつも参考になる情報をありがとうございます。

      僕の考え方が偏っていることもありますが、恐らくこの方は今は稼げていないと思います(昔は本当に稼いでいたと思いますが)。基本的にアフィリエイトで稼げなくなった方達が情報商材を売り出すのがアフィリエイト業界だと思っているので。特に、高額塾を売り出している方は十中八九稼げなくなったからだと。

      もちろん、今でも僕より稼いでいるでしょうし、僕の話よりもよっぽど参考になると思いますが、結局僕達個人アフィリエイターにできることは、自分の詳しいこと、調べたことを、全力でどこのサイトよりも詳しく分かりやすく書くだけだと思います。

      後はそれを「やるかやらないか」だけです。僕はそう思っています。